50代のファンデーションの上手な選び方とは?

50代における典型的なメイクの失敗例がファンデーションの厚塗りです。シミやシワを隠そうと意識するあまり厚塗りになってしまい、それが肌に負担をかけてますます肌トラブルを悪化させてしまうことが多いのです。しかもそれを隠すためにますます厚塗りになり…悪循環にはまり込んでしまいズルズルと肌の老化を進めてしまうケースも見られます。あくまで肌に負担をかけず、悩みをカバーできるファンデーション選びが求められます。

白く塗るのではなく肌全体を明るくするものを選ぶ

では50代のファンデーション選びにはどういったポイントがあるのでしょうか。まず肌全体を明るくしてくれるものを選ぶこと。どうしてもくすみが気になるため「白くする」メイクをしてしまいがち。しかしその意識が過剰になると厚塗りになってり、顔と首の色の違いが目立って見る人に違和感をもたせてしまいます。

 

50代になると肌の衰えで黄色いくすみが目立つようになりますから、それを白く塗りつぶすのではなく明るく見せる明るい色の製品を選ぶようにしましょう。この点は若い頃とは大きく異なるだけにファンデーションに対する意識そのものを改める必要もありそうです。

 

それからスキンケア効果を備えている製品を選ぶこと。保湿成分をはじめとした美容成分が含まれているファンデーションも登場しています。肌が乾燥しているとファンデーションのノリが悪くなりますし、負担もどうしても大きくなってしまいます。メイクのたびに肌がカサついてしまい、粉っぽくなってしまうといった悩みを抱えている人も多いでしょう。そんな人にはコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタエキスといった美容成分が配合されているものを選びましょう。

クリームタイプや乳液タイプがおすすめ

あとはタイプ。リキッドタイプやパウダータイプ、クリームタイプ、乳液タイプなどさまざまな種類があります。50代の場合はやはり刺激ができるだけ少ないものを選ぶべきです。ただ使い勝手がよくないと肌を何度も擦ってしまったり、必要な部分にうまく塗布できないこともあるため、その辺のバランスも考慮して選びましょう。クリームタイプや乳液タイプがお勧めです。
>>50代で使ってみたい人気ファンデーション口コミランキング