50代の目元美容液・アイクリームの上手な選び方とは?

40代を過ぎたら使用を検討したいのが目元美容液とアイクリーム。つまり目元専用のケアです。目元周辺は皮膚が薄いこともあり年齢の影響をもっとも受けやすい部分。シワやたるみのほか、シミやクマといった問題が出てきます。とくに50代になるとこの部分の重点的なケアが必要になります。目元が若々しいかどうかで見た目の年齢が5歳、10歳と異なってくることもあるだけに専用の美容液やクリームが重要になってくるのです。

基本はオールインワンを使用しつつ目元は専用美容液でケア

50代のスキンケアでは肌の負担を最小限に抑えるためオールインワン化粧品を使用し、そのうえで目元だけは専用の製品で補うという方法がお勧めです。これによって肌へのダメージを最小限にとどめつつ、気になる部分のケアを適切な行っていくことができます。オールインワン化粧品に頼っている人は目元の状態を踏まえながら目元美容液とアイクリームの使用を検討してみましょう。

 

では50代の目元美容液、アイクリームを使用する際にはどういった点を踏まえながら選んでいくとよいのでしょうか。まず使用されている成分。40代の場合は保湿が第一のポイントとなりますが、50代の場合はプラス抗酸化作用も求められます。

 

衰えが加速度をつけて進んでいくため、それを少しでも遅らせる対策も必要になるわけです。保湿成分と抗酸化成分ができるだけ豊富に配合されている成分を意識して選んでいきましょう。また、シミ、クマ、たるみなど目元に抱えている悩みに合わせた判断も重要です。シミの場合は保湿、たるみは抗酸化作用が必要な効果となるなど、ケースバイケースでの判断が求められます。

保湿と抗酸化作用に優れた低刺激のものを選ぶ

それから使い勝手と刺激の少なさ。冒頭に挙げたように目元の皮膚は薄いため、ベタつきが気になったり、刺激に弱いといった注意点もあります。目元美容液・アイクリームの多くはエイジングケアを意識して作られているため低刺激のものが多いのですが、使ってみて違和感やピリピリした感触がする場合には避けた方がよいでしょう。50代になるととくに肌が敏感な状態になっているケースが多いだけに注意が必要です。一方、保湿効果が高い製品ほどベタつきが気になる傾向もあるため、その辺のバランスも50代の製品選びのポイントとなりそうです。

アイクリームの失敗しない選び方

オトクにお試しから始められる50代に人気の化粧品ベスト5

50代に人気の化粧品を実際に使ってみました!

F.A.G.E.(エファージュ) (化粧品・トライアルセット)

fage

今、話題の酵母エキス配合!目元口元のハリとくすみならまずこの化粧品!
7日間お試しセット 1,300 円・税別(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g)

公式HPでさらに詳しく見てみる

管理人の体験談はコチラから


POLA SIGNS SHOT(サインズショット) 2014年ベストコスメ

サインズショット


保湿だけでは消せない表情圧による目元・口元のしわ、ほうれい線専用美容液
医薬部外品・120g 10,800円(税込)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

管理人の体験談はコチラから


リペアジェル

リペアジェル


どんなに保湿しても乾いてしまう年齢肌に!100%美容成分の高濃度美容液
リペアジェルトライアルキット1,900円・税抜(リペアウォーター3,000円相当付)

公式HPでお申込み・キャンペーン情報を確認してみる

管理人の体験談はコチラから